2016年1月11日月曜日

シンポジウム「チベット文学と映画制作の現在」

1月最後の週末、チベットの著名な文学者として、小説家であるジャバ氏、ラシャムジャ氏、詩人・小説家・映画監督であるジャンブ氏(映画監督としてはドルジェ・ツェリン氏)をゲストに招き、シンポジウム「チベット文学と映画制作の現在」を実施します。土曜日は小説、日曜日は詩と映画について語らいます。日曜日はドルジェ・ツェリン氏による映画『冬虫夏草』の上映もあります。

一般向けのイベントですので、どうぞお気軽に、お誘い合わせのうえお越しください。

◎日時
 2016年1月30日 (土) 13:00-18:30 (12:30開場)
 2016年1月31日 (日) 13:00-17:00 (12:30開場)

◎場所
 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階 304号室
 交通案内:http://www.tufs.ac.jp/access/tama.html
  • 申し込み不要、参加無料です。
  • 使用言語はチベット語・日本語(日本語通訳つき)。
  • 映画『冬虫夏草』は英語字幕による上映です。
◎主催:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所「言語の動態と多様性プロジェクト」(LingDy2)   担当 星 (hoshi[at]aa.tufs.ac.jp)
 協力:チベット文学研究会

SERNYA vol. 3 まもなく刊行

『チベット文学と映画制作の現在 SERNYA (セルニャ)』vol. 3がまもなく刊行になります。2016年1月30-31日のシンポジウム「チベット文学と映画制作の現在」にお越しいただいた方に配布予定です。これまでよりも更に盛りだくさんの内容です。お楽しみに!

SERNYA vol. 3 もくじ

巻頭特集 牧畜民の暮らしと文化   
 アムド牧畜民の「変化」と「継続」-- 山口哲由
 チベット人はヤクをどのように認識しているのか?

   -- 海老原志穂
 家畜の毛にささえられた牧畜民の暮らし
-- 海老原志穂
 牧畜民の「家」―テント 
-- 海老原志穂
 糞利用の達人  
-- 星泉
 火を囲む暮らし―かまどからストーブへ 
-- 星泉
 牧畜民の乳文化  
-- 平田昌弘
 〔コラム〕乳のある食事  
-- 平田昌弘
 チベットの牧畜民と肉の関わり 
-- 小川龍之介
 焚き上げと信仰 
-- 津曲真一
 チベットの放生―ツェタル 
-- 津曲真一
 持てる者と持たざる者の相克―冬虫夏草バブルが現代牧畜社会にもたらしたもの -- 別所裕介