2017年5月22日月曜日

作家インタビュー タクブンジャ × ペマ・ツェテン

『ハバ犬を育てる話』(東京外国語大学出版界、2015年)の著者タクブンジャと、映画監督であり小説家として著名なペマ・ツェテンは親しい友人同士です。ペマ・ツェテンはタクブンジャのファンでもあり、多くの作品を漢語に翻訳する、漢語読者への紹介者でもあります。
2016年に『青海湖』という漢語の文芸誌にペマ・ツェテンによるタクブンジャへのインタビュー記事が掲載され、それがたいへん興味深い記事でしたので、チベット文学研究会の大川謙作氏による翻訳でお届けします。



私の前世は犬だったかもしれない

タクブンジャ(教師、小説家)
聞き手・構成 ペマ・ツェテン(映画監督、小説家)
日本語訳 大川謙作
タクブンジャ(撮影:海老原志穂)

犬シリーズについて

ペマ・ツェテン(以下PT):昨年(2015年)はあなたにとっては豊作の一年でしたね。日本語版の中短編作品集『ハバ犬を育てる話』が日本で出版されたし、青海民族出版社からは2冊目の短編集『キャプロの長い髪』が、四川民族出版社からは2冊目の中編集『老人と牛』が出版されました。本当に嬉しく思っています。おめでとう!

タクブンジャ(以下TG):ありがとう。ありがとう。

PT:確か、昨年は犬をテーマにした小説も何本か書いていましたよね?

TG:そう、五本ほど書きました。それを青海省内外の文芸誌に発表することができたことも昨年の大きな収穫だと思っていて、そのことには自分でも割と満足しています。

ペマ・ツェテン(撮影:星泉)
PT:それでは、そちらの業績にもおめでとう、と言っておきましょう。さて、ぼくの見るところ、あなたは今現在のチベット母語作家たちの中で、もっとも創作意欲が旺盛で、かつ途切れなく作品を発表している作家だと思います。長編、中編、短編なんでもござれで、しかも作品数も多い。ぼくはあなたの小説は基本的にはすべて読んでいて、たくさんの小説を漢語に翻訳したこともありますが、中でも「犬シリーズ」は、ぼくにとっても印象的で、読者たちの反応も大きいものでした。今回のインタビューでは「犬シリーズ」をテーマにしたいと思っています。まずは、どうして犬をテーマにした小説を書くのが好きなのか、そしてどうしてそんなに犬のことを巧みに書くことができるかについて、話してくれませんか?

2017年5月13日土曜日

チベット文学ナイト 黒狐の夜

6月2日 (金) に、神保町のカフェ、サロンド冨山房Folioにて、久々のチベット文学ナイトをやります。


2013年にペマ・ツェテン監督来日時に荻窪の6次元で実施して以来ですので、実に3年半ぶり。今回はチベット現代文学を代表するツェラン・トンドゥプの傑作小説集『闘うチベット文学 黒狐の谷』の刊行を記念して、チベット文学研究会のメンバーが文学について、そして映画についても語ります。ツェラン・トンドゥプの声の出演もあるかも!?

チベット文学なんて読んだことない、知らなかったという方にも魅力を感じていただけるイベントにしたいと思います。ぜひお越しください!

イベント詳細、お申込みはこちらから

担当編集者・堀郁夫さんによる2013年のチベット文学ナイト潜入記もどうぞ