2017年5月22日月曜日

作家インタビュー タクブンジャ × ペマ・ツェテン

『ハバ犬を育てる話』(東京外国語大学出版界、2015年)の著者タクブンジャと、映画監督であり小説家として著名なペマ・ツェテンは親しい友人同士です。ペマ・ツェテンはタクブンジャのファンでもあり、多くの作品を漢語に翻訳する、漢語読者への紹介者でもあります。
2016年に『青海湖』という漢語の文芸誌にペマ・ツェテンによるタクブンジャへのインタビュー記事が掲載され、それがたいへん興味深い記事でしたので、チベット文学研究会の大川謙作氏による翻訳でお届けします。



私の前世は犬だったかもしれない

タクブンジャ(教師、小説家)
聞き手・構成 ペマ・ツェテン(映画監督、小説家)
日本語訳 大川謙作
タクブンジャ(撮影:海老原志穂)

犬シリーズについて

ペマ・ツェテン(以下PT):昨年(2015年)はあなたにとっては豊作の一年でしたね。日本語版の中短編作品集『ハバ犬を育てる話』が日本で出版されたし、青海民族出版社からは2冊目の短編集『キャプロの長い髪』が、四川民族出版社からは2冊目の中編集『老人と牛』が出版されました。本当に嬉しく思っています。おめでとう!

タクブンジャ(以下TG):ありがとう。ありがとう。

PT:確か、昨年は犬をテーマにした小説も何本か書いていましたよね?

TG:そう、五本ほど書きました。それを青海省内外の文芸誌に発表することができたことも昨年の大きな収穫だと思っていて、そのことには自分でも割と満足しています。

ペマ・ツェテン(撮影:星泉)
PT:それでは、そちらの業績にもおめでとう、と言っておきましょう。さて、ぼくの見るところ、あなたは今現在のチベット母語作家たちの中で、もっとも創作意欲が旺盛で、かつ途切れなく作品を発表している作家だと思います。長編、中編、短編なんでもござれで、しかも作品数も多い。ぼくはあなたの小説は基本的にはすべて読んでいて、たくさんの小説を漢語に翻訳したこともありますが、中でも「犬シリーズ」は、ぼくにとっても印象的で、読者たちの反応も大きいものでした。今回のインタビューでは「犬シリーズ」をテーマにしたいと思っています。まずは、どうして犬をテーマにした小説を書くのが好きなのか、そしてどうしてそんなに犬のことを巧みに書くことができるかについて、話してくれませんか?

2017年5月13日土曜日

チベット文学ナイト 黒狐の夜

6月2日 (金) に、神保町のカフェ、サロンド冨山房Folioにて、久々のチベット文学ナイトをやります。


2013年にペマ・ツェテン監督来日時に荻窪の6次元で実施して以来ですので、実に3年半ぶり。今回はチベット現代文学を代表するツェラン・トンドゥプの傑作小説集『闘うチベット文学 黒狐の谷』の刊行を記念して、チベット文学研究会のメンバーが文学について、そして映画についても語ります。ツェラン・トンドゥプの声の出演もあるかも!?

チベット文学なんて読んだことない、知らなかったという方にも魅力を感じていただけるイベントにしたいと思います。ぜひお越しください!

イベント詳細、お申込みはこちらから

担当編集者・堀郁夫さんによる2013年のチベット文学ナイト潜入記もどうぞ

2017年4月8日土曜日

『黒狐の谷』刊行記念座談会〜桜の樹の下には、けだるいチベット文学翻訳家たちがいる〜

外国文学好きの茶人、佐倉舞(さくら・まい)さんのお招きで、満開の桜のもと開かれた「野点の会」にチベット文学研究会一同、参加してきました。当日の座談の記録をまとめましたのでどうぞお読みください。

茶人・司会:佐倉舞
チベット文学研究会:海老原志穂 大川謙作 星泉 三浦順子



2017年3月31日金曜日

『闘うチベット文学 黒狐の谷』見本できました!

ツェラン・トンドゥプの邦訳小説集『闘うチベット文学 黒狐の谷』(勉誠出版)がようやく形になりました! 

タクブンジャの『ハバ犬を育てる話』(東京外国語大学出版会、2015年)を刊行してから、丸2年。チベット文学研究会の4名による翻訳書を再び世に出すことができました。

じゃじゃーん! 雌雄の野生ヤク(チベット語で「ドン」)の油絵が表紙を彩っています。タイトルは狐ですが、絵は野生ヤク。作品にたびたび顔を出すドンという名の登場人物と関係をもたせました。


2017年3月23日木曜日

チベット映画傑作選@大阪第七藝術劇場

『草原の河』公開記念 〜ソンタルジャとの出会い〜

©GARUDA FILM
この春、チベット人監督作として初めて日本で劇場公開されるソンタルジャ監督の『草原の河』。その公開を記念して、チベット映画の秀作を大阪・第七藝術劇場にて上映します。監督のデビュー作『陽に灼けた道』をはじめ、チベット人監督の第一人者であり、ソンタルジャ監督より一足先に国際舞台で活躍しているペマ・ツェテン監督の『ティメー・クンデンを探して』を上映するほか、新進気鋭のカシャムジャ監督によるドキュメンタリー『英雄の谷』、そして「チベット牧畜民の仕事展」で好評を博したドキュメンタリー『チベット牧畜民の一日』も上映。昨年日本で公開されて大好評だったチャン・ヤン監督による『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』も上映します。
チベット文化を深く知ることのできる作品の数々、ぜひこの機会にご鑑賞ください。

2017年3月17日金曜日

TUFS Cinema チベット映画特集

『草原の河』公開記念 〜ソンタルジャとの出会い〜

この春、チベット人監督作として初めて日本で劇場公開されるソンタルジャ監督の『草原の河』。その公開を記念して、チベット映画の秀作を東京外国語大学にて上映します。監督のデビュー作『陽に灼けた道』をはじめ、チベット人監督の第一人者であり、ソンタルジャ監督より一足先に国際舞台で活躍しているペマ・ツェテン監督の『ティメー・クンデンを探して』、『オールド・ドッグ』(2011年東京フィルメックス最優秀作品賞受賞作)を上映するほか、「チベット牧畜民の仕事展」で好評を博したドキュメンタリー『チベット牧畜民の一日』も同時上映。いずれも日本では上映されることの少ない貴重な作品です。チベット文化を深く知ることのできる映画の数々、ぜひこの機会にご鑑賞ください。

2017年3月8日水曜日

チベット現代文学、新刊出ます!

現代チベット語文学で一番攻めている闘う作家、ツェラン・トンドゥプの翻訳小説集がいよいよ刊行になります。ツェラン・トンドゥプを知らずしてチベット文学は語れない。生態移民、エイズの流行、官僚政治の腐敗――一読すればなによりもリアルなチベット世界を知ることができる、そんな作品集です。数多くの作品の中から、珠玉の短編15篇、中編2篇を掲載。

『闘うチベット文学 黒狐の谷
 著者 ツェラン・トンドゥプ
 訳者 海老原志穂、大川謙作、星泉、三浦順子
 ISBN  978-4-585-29142-8
 判型 四六判 416頁
 刊行 2017年3月 (予定)
 発行 勉誠出版
 定価 本体3,400円+税

収録作品紹介や著者からのメッセージも掲載の紹介ページはこちら

2017年2月27日月曜日

『チベット文学と映画制作の現在 SERNYA (セルニャ)』4号配布開始!

チベットの「いま」を伝える雑誌『チベット文学と映画制作の現在 SERNYA』(セルニャ) は,おかげさまで4号まで刊行することができました。4号の目次はこちらをご覧ください。『チベット牧畜民の仕事展』にご来場の方には会場で配布していますので,ぜひ会場までお運びください。また,会場にお越しいただけない方は,下記のお申込み方法をご確認のうえ,メールをお送りください。

<お申し込み方法>
送付先住所,氏名,ご希望の号数(例: SERNYA◯号希望)
を明記し,リンディ事務局(info-lingdy[atmark]aacore.net)宛にメールにてご連絡ください。メールの件名は「SERNYA送付希望」としてください。

数に限りがありますので,1号につきお1人様1冊とさせていただきます。
なお冊子は無料でお渡しいたしますが,送料は切手にてご本人さま負担とさせていただきます。

ご希望のメールをいただきまして,改めて詳細をご連絡させていただきます(土日祝日はお休みです)。

休業期間中はご不便をおかけしますが,ご了承くださいますようお願い申し上げます。

送料につきましては,下記をご参考ください。
--------------------------------------------
 送料 1冊の場合   300円
    2冊以上の場合 350円
--------------------------------------------

なお,2月27日以前に『チベット牧畜民の仕事展』にご来場くださった方には送料本学負担でお送りしますので,ご来場の日時を明記してください。

皆様からのお申し込みをお待ちしております。

SERNYA をお読みになった方はぜひアンケートにご協力ください。

図書館等への送付希望についても,メールでご相談ください。

2017年2月15日水曜日

SERNYA vol. 4 まもなく刊行

『チベット文学と映画制作の現在 SERNYA (セルニャ)』vol.4がまもなく刊行になります。今号は昨年2月のチベット・アムド地方のお正月前後の取材をもとに、巻頭特集は「正月と結婚」です。 前号に引き続き、「チベット牧畜民の暮らしと文化」第2弾です。今回も漫画家の蔵西さんに素晴らしいイラストを描いていただきました。表紙は新年を迎える前におこなう大祓の儀礼の様子です。第2特集は「チベットの伝統音楽」。近年アムド地方で起きているラサの音楽を学ぼうという動き、注目の現地リポートです。

この他、ペマ・ツェテンの漢語小説の翻訳や、チベット語現代詩の翻訳、作家紹介、「ラサへの歩き方」映画評など、文学と映画のこともいろいろ。そしてAkkenさんとNyima Dawaさんのお二人によるまんが3作目にはなんと、チベット文字の始祖として名高いサンボータ先生が登場します。お楽しみに!

2/18-19の国際シンポジウム「チベット牧畜民の「いま」を記録する」会場にてゲラを一部展示しました

◎もくじ◎ (☆印はチベット語原文ないしチベット語訳あり)
巻頭特集 牧畜民の暮らしと文化 2     
空間を刷新する儀礼「ドッカ・ペンバ」―牧畜社会の厄払いと年越し行事   別所裕介/
蔵西 画
アムドの結婚式―形式とその簡略化    海老原志穂/蔵西 画 
手縫いでないと作れない最高級の民族衣装「ツァル」―牧畜社会の毛皮加工とその技術    別所裕介/蔵西 画 
牧畜社会の通過儀礼―幼児の髪切り式を事例として    別所裕介/蔵西 画 
アムドの牧畜生活における自然と放牧地をめぐる語彙    山口哲由・ナムタルジャ
ユーラシアにおけるチベットの乳文化の特徴    平田昌弘
映像作品『チベット牧畜民の一日』    星泉

イラスト解説 草原のしごと 蔵西 画
 

第二特集 チベットの伝統音楽     
アムドにおけるダムニェン・ブーム    中原美和
☆伝説の楽士アチョ・ナムギェル小伝    サムポ・ジグメ/星泉 訳
 

チベット文学の現在    
〔小説〕よそ者    ペマ・ツェテン/大川謙作 訳

〔詩〕豚のように  妻に語った秘密    チェン・メンタク/海老原志穂 
〔詩〕ケルサン・ドルマの物語  消えないでほしいと思う    カワ・ラモ/海老原志穂
ツェラン・トンドゥプとその短編小説がもたらす影響    ツンポ・トンドゥプ/星泉 訳
ラダックで唯一の小説家 ツェワン・トルデン    海老原志穂
〔作家紹介〕ツェリン・ヤンキの初の長編『花と夢』    星 泉

〔まんが〕サンボータ先生ごめんなさい    Akken + Nyima Dawa
  サンボータ先生って何者?    Nyima Dawa
〔チベット文学の現在・小論〕虱から見たチベット現代文学    三浦順子
〔物語の時空〕仲の良い四兄弟    三浦順子

 * * 

『ラサへの歩き方』―チャン・ヤン監督のこころの旅    小松原ゆり
〔チベットからの眼差し〕アニメは架け橋    ワンマツェダン

 * * 
ノルウェーのチベット研究:チベット・ノルウェー大学間協定の二十余年    鈴木博之
アメリカでチベット研究:ハーヴァード大学のチベット研究とボストンのチベットコミュニティー    井内真帆
チベットの漢語文学:本質主義を超えて    山口守チベット人評論家ショクドゥンについて    棚瀬滋郎